Column

世界の海辺

第30回 カリブ海アンティグア島のイングリッシュハーバーで

PAGE TOP

北緯10度から20度くらいの間に連なるカリブ海の島々は、北米やヨーロッパのヨットマンたちにとっては、冬の間の避寒地として人気が高い。そこは毎年12月から翌4月頃までがハイシーズンとなって、島々はクルーズ船や飛行機でやって来る旅客のほかに、数多くのヨットやボートで大いに賑わう。寒さを逃れて、ヨーロッパのヨットは大西洋を渡り、北米からのは大西洋を南下してやって来る。とはいえ、どちらも決して近い距離ではないので、自力で来るヨットばかりではない。そこで、活躍するのがヨット運搬船だ。運ぶヨットの大きさにもよるけれど、一隻の運搬船で何十隻も一度に運べてしまう。そんな運搬船が商売として成り立つほどに、大西洋というのは東西南北にヨットの行き来が多いのだなあと、感心してしまう。

ヨットがたくさん集まって、そこに気持ちの良い風が吹き、しかも太陽が輝いて暖かいとなれば、「じゃ、競争でもして楽しもうか」となるのは自然の成り行きだ。だから、クリスマス休暇後の1月から4月にかけては、カリブ海の島のいたるところで、さまざまなお楽しみレースが行われる。

アンティグア島は、数ある島々の中でもヨットが数多く集まる場所のひとつだ。毎年4月の半ば頃には、かれこれ30年近くにわたって続くレース、アンティグア・クラシックヨット・レガッタが開催されている。その名の通り、古いヨットばかりが集まって楽しむイベントだ。

さて、イタリアの造船所、フランチェスコ・デル・カルロで修復され現代に甦った1936年建造の木造ヨットの話である。船名は「アイリーン」という。前回、そのヨットはカリブ海の島に着いたのち、持ち主によって独力で懸命な修理が試みられたが、熱帯の激しい気候の中では船の傷むスピードには追いつけず、やがて無念にも放置されるに至ってしまった、というところまでお伝えした。それがアンティグア島だった。この島にはイングリッシュハーバーと呼ばれる深い安全な湾があり、そこには昔、英国海軍(Royal Navy)が基地を設けていた。その湾の奥、マングローブ林の陰にアイリーンは修理半ばでマストも倒れたまま舫われていた。

しかしその後、運命的な出会いが訪れるのだった。(また続く)

2015年1月22日

 

PAGE TOP


バックナンバー

PAGE TOP

矢部 洋一[ヤベヨウイチ]プロフィール

1957年11月11日生まれ。海をフィールドとしてヨット、ボートの写真撮影を中心に、国際的に活躍するフォトグラファー。
写真だけでなく、記者、編集、翻訳などの仕事を精力的にこなす。
●株式会社 舵社・チーフフォトグラファー ●有限会社 オフィスイレブン代表取締役 ●英国王立オーシャンレーシングクラブ誌「シーホース」特約記者

写真の著作権

ここに掲載されている写真及び原稿の権利は、全て矢部洋一に帰属する為無断で使用する事はできません。
無断で使用された場合は、法的手続きを踏み、使用期間の使用料金及び法務管理費用等を請求させていただきます。
ご利用になりたい方は、下記問い合わせ先まで連絡いただきますようお願いいたします。
〈問い合わせ先〉当Webサイト管理人