商品のご案内

芋焼酎(数量限定)

大海お茶娘。

芋焼酎をベースに、鹿児島県大隅半島産の緑茶を一緒に仕込みました。華やかな緑茶の香りとともに芋の甘さもしっかり出ていて、鹿児島ならではのお茶焼酎に仕上がっています。

分類
本格焼酎
アルコール度数
25度
原材料
さつまいも(ベニハルカ)・米麹(国産米)、緑茶(鹿児島県産)
白麹エクセレント菌
蒸溜方法
常圧
内容量
1800ml/720ml

香り/味わいのバランス

香り/味わいのバランス

飲み頃温度

飲み頃温度

【おいしい飲み方メモ】

水割りやソーダ割り。40度前後から50度くらいのお湯割りで。

さつまいも

【ベニハルカ】

大海酒造甘薯組合の永重篤雄の畑でとれた「紅はるか(ベニハルカ)」を使用しました。平成20年から鹿児島県の奨励品種に指定され、鹿屋市ではブランド化が期待されるさつま芋です。皮色は赤紫色で、肉色はクリーム色をしており、蒸し芋の糖度が高く、安納芋(アンノウコガネ)に劣らない甘さがある品種です。食味やいもの外観などの特性が既存の品種より「はるか」に優れることから「紅はるか」と命名されました。

ベニハルカ

割り水

【温泉水 寿鶴(ジュカク)】

日本有数の活火山である桜島を仰ぐ垂水の地下約800Mから湧き出る「温泉水寿鶴」には、水溶性のゲルマニウムが通常の温泉水の100倍以上、8.89ppb含まれています。水溶性のゲルマニウムは朝鮮人参、霊芝、サルノコシカケ、ニンニクなどの植物にも含ま、古くから健康維持に用いられてきました。 天然アルカリイオン水「温泉水寿鶴」は、陽イオンの天然ミネラルも豊富に含んでおり、分子構造(クラスター)が非常に小さい為、優れた浸透力と抽出力を持つ水として知られています。

温泉水 寿鶴

Page Top