Products

商品のご案内

美山錦と紅はるか

美山錦と紅はるか

平成20年に品種改良により開発された、安納芋より甘い「紅はるか」を使い、白麹で造られています。新たな試みとして、ワインと同じように、畑で味わいが違うことをお分かり頂けるように、採れた契約農家永重篤夫の畑の地番を裏ラベルの左下に明記してあります。
芳醇な甘味と香りの良い味わいで、ロックでもお湯割りでも美味しくいただけます。

分類 本格焼酎
アルコール度数 25度
原材料 ベニハルカ・白麹
美山錦・米こうじ
蒸溜方法 常圧
内容量 1800ml

寿鶴

使用している芋

地元の契約農家で収穫された「ベニハルカ」を使用しています。

【ベニハルカ】
大海酒造甘薯組合の永重篤雄の畑でとれた「紅はるか(ベニハルカ)」を使用しました。平成20年から鹿児島県の奨励品種に指定され、鹿屋市ではブランド化が期待されるさつま芋です。皮色は赤紫色で、肉色はクリーム色をしており、蒸し芋の糖度が高く、安納芋(アンノウコガネ)に劣らない甘さがある品種です。食味やいもの外観などの特性が既存の品種より「はるか」に優れることから「紅はるか」と命名されました。

ベニハルカ

生産者農家のご紹介

【ベニハルカ生産者 永重篤雄氏】
鹿屋市田淵町在住。昭和5年2月20日生まれの82歳!
農業を始めて40年ほどになりますが、以前は農業のほかに林業もしており、その時期も入れると50年以上農業に携わっている大ベテラン。
78歳にて大型特殊免許を取得し、今尚農業に取り組む意欲は衰えていません。特に、さつま芋の生産に力を入れており、「紅はるか」も早くから栽培してきました。温泉が大すき!

ベニハルカ生産者 永重篤雄氏

割り水「温泉水 寿鶴」

日本有数の活火山である桜島を仰ぐ垂水の地下約800Mから湧き出る「温泉水寿鶴」には、水溶性のゲルマニウムが通常の温泉水の100倍以上、8.89ppb含まれています。水溶性のゲルマニウムは朝鮮人参、霊芝、サルノコシカケ、ニンニクなどの植物にも含まれており、古くから健康維持に用いられてきました。
天然アルカリイオン水「温泉水寿鶴」は、陽イオンの天然ミネラルも豊富に含んでおり、分子構造(クラスター)が非常に小さい為、優れた浸透力と抽出力を持つ水として知られています。
温泉水寿鶴のサイトへ

温泉水寿鶴

 
 

よりおいしく飲むために

ロックでもお湯割りでも美味しくいただけます。
ロックで飲む場合は、10度前後の花冷えが飲み頃温度です。
お湯割りの場合は、40度前後のぬる燗がいいかもしれません。
詳細は「提案!おいしく飲もう」をご覧ください。

ロックとお湯割り

ラベル

紅はるかラベル