Blog

蔵人日記

ホーム蔵人日記 > 第9回:春の足音

第9回:春の足音

2016/02/19 12:57

 

蔵人、前ちゃんです

今日は二十四節気の一つ「雨水」です

雪から雨に変わり、氷が解け水になるという意味だそうです

鹿屋の天気もその通りで今夜から雨で

気温も三月中旬並みまで上がるそうです

 

 

今年は暖冬だと言うのが嘘のように寒い日が

続いていましたが、暦の上ではもう春、

梅の花も咲き始めて少しずつ春に近づいているようです

 

 

農家さんたちも種芋の伏せ込みを始めました

ビニールハウスの準備をして、貯蔵していた種芋を伏せ込んでいきます

 

 

 

IMG_6266.jpg

 

 

 

手前から奥に向かって種芋を植えていきます

板の上に乗っているのは、土を踏み固めてしまわないように

かつ、まっすぐ均等に植えていけるようにです

 

 

この作業は一日掛かりで行いますが

結構、腰に負担がきます

向こうまで行った時には腰が悲鳴を上げそうです

 

 

 

IMG_7766.jpg

 

 

種芋を植え終わったら、上にシートを掛けて保温します

地温が上がっていき、苗がある程度育つまで掛けておきます

これから、苗を植え付けが始まるまで農家さんは

ビニールハウス内の温度管理に気を付けなければなりません

 

 

寒くなれば霜にやられないようにシートを掛けたり

暑くなれば温度が上がりすぎないよう入り口を開けたり

ここら辺は、麹室の温度管理と似ています

 

 

種芋の植え付けも始まりました

大海の焼酎の裏ラベルに書いてあるように

ここから焼酎造りは始まっています

 

 

鹿屋はちょっと暖かくなってきましたが

杜氏はいつものように鹿屋よりも寒~い所に行っています

 

 

 

 

 


この記事に対するコメント


topこの記事に対してコメントを書く
名前

名前を記憶
コメント
top
 

プロフィール

大牟禮良行(おおむれよしゆき)

黒瀬明杜氏のもとで18年間修行を積み1998年から杜氏を任される。鹿児島県焼酎鑑評会にて優等賞第一位を2回、杜氏代表賞を1回受賞。新たな芋焼酎にチャレンジする日々精進の杜氏である。

最近の日記

第55回までの日記はこちらからご覧いただけます。ブログに帰る時は上のメニューの「大牟禮杜氏のきまぐれ日記」ボタンをクリックしてください。