Blog

蔵人日記

ホーム蔵人日記 > 第32回:お茶はお茶でも

第32回:お茶はお茶でも

2015/11/10 13:52

 

蔵人、前ちゃんです

焼酎は色々な飲み方が楽しめます

ロック、水割り、お湯割り

それ以外でもお茶で割ったりしても美味しいです



先日の新焼酎まつりでも

新しい焼酎の飲み方の提案をしました

鹿屋市でごぼう茶を造っている

株式会社オキスさんのブースで

さつま大海の黒豆ごぼう茶割りと

生姜パウダー入りさつま大海の2種類をだしました



当日はバタバタでゆっくり味わえなかったので

家で自分なりの黄金比を見つけてみました

 

 

 

 

IMG_5392.jpg

 

 

 

今回は両方ともお湯割りでやってみました

黒豆ごぼう茶は黒豆とごぼうの風味が効いていますが

スッキリとして飲みやすいお茶です

いろいろな割合を試してみましたが

焼酎4割、黒豆ごぼう茶6割がそれぞれの味が生きているように感じました



続いて、生姜パウダーです

これからの季節、風邪予防にぴったりじゃないかと思いますが

匂いを嗅いでみると生姜そのものです

これはお湯割りの上からほんの少量(耳かき一杯くらい)が

生姜の香りと焼酎の甘味がちょうどよかったです

入れすぎると強烈な味になるので要注意です



そのまま飲んだ方が美味しいとの声も

聞こえてきそうですが

たまには、違った飲み方もおもしろいです



これからの季節、寒いのが苦手な僕にとっては

つらい季節ですが、生姜入りのお湯割りで体を温めて

風邪をひかないようにしようと思います

 

 

 

 


この記事に対するコメント


topこの記事に対してコメントを書く
名前

名前を記憶
コメント
top
 

プロフィール

大牟禮良行(おおむれよしゆき)

黒瀬明杜氏のもとで18年間修行を積み1998年から杜氏を任される。鹿児島県焼酎鑑評会にて優等賞第一位を2回、杜氏代表賞を1回受賞。新たな芋焼酎にチャレンジする日々精進の杜氏である。

最近の日記

第55回までの日記はこちらからご覧いただけます。ブログに帰る時は上のメニューの「大牟禮杜氏のきまぐれ日記」ボタンをクリックしてください。