Blog

蔵人日記

ホーム蔵人日記 > 第30回:課外授業

第30回:課外授業

2015/10/27 13:16

 

蔵人、前ちゃんです

早いもので10月も終わりが近づいて来ました

自転車通勤路の脇のススキが綺麗だったり

金木犀の香りが漂ってきたりで、秋の深まりを感じます



先週は鹿屋市内の中学校でお話をする機会がありました

職場体験授業の一環で社会人に仕事の話を聞くというもので

鹿屋市内の複数の企業が中学生に講和をしました

大海酒造からは課長の竹下さんと僕が行って来ました 



話をしたのは中学一年生です

一年生の時に企業の話を聞き、二年生になったら

実際に職場体験をするんだそうです




IMG_3976.jpg




いつも蔵の中ばかりいて人前で話すのは慣れない為

緊張して話が飛んでしまったりしましたが

みんな真剣な目でメモを取りながら聞いてくれたおかげで

 

最後まで話すことができました

 

 

 


緊張のせいで考えていたことが半分も話せなかったのが心残りです

今でこそ、微力ながら中学生に仕事の話を出来るようになりましたが

ここまでには杜氏を始め、先輩方、お客様にたくさんの事を教えてもらいました



「つらい時、苦しい時は心の筋トレだと思えばいい」


これは今期最初のお客様に言われた言葉です

つらい時、苦しい時を乗り越えたら心が強くなれる

これは筋トレだと思えば何ともない

そう教えられて、今年は何かあると

「心が鍛えられる」そう思いながらやっています



「仕事を好きになりなさい」


これは数年前に現代の名工になられた

八千代伝酒造の吉行杜氏に言われた言葉です

その当時はそうなのかとしか思っていませんでしたが

最近、強く思います

この仕事は麹、醪に合わせて仕事をします

昼も夜もありません

疲れていても夜中の温度は見ないといけません

お金だけじゃやりきれないと思います

つらい時でも好きなことをやらせて貰えていると

考えればいいのです



こんな話をしたかったのですが

緊張のあまり飛んでしまいました

つくづく度胸のない僕です



それから直前まで

「人前  緊張  ほぐす」

でググっていたことはここだけの秘密にしてください

 

 


この記事に対するコメント


topこの記事に対してコメントを書く
名前

名前を記憶
コメント
top
 

プロフィール

大牟禮良行(おおむれよしゆき)

黒瀬明杜氏のもとで18年間修行を積み1998年から杜氏を任される。鹿児島県焼酎鑑評会にて優等賞第一位を2回、杜氏代表賞を1回受賞。新たな芋焼酎にチャレンジする日々精進の杜氏である。

最近の日記

第55回までの日記はこちらからご覧いただけます。ブログに帰る時は上のメニューの「大牟禮杜氏のきまぐれ日記」ボタンをクリックしてください。