Blog

蔵人日記

ホーム蔵人日記 > 第6回:土の中から

第6回:土の中から

2015/03/09 18:19

 

 

蔵人、前ちゃんです

3月は去るとよく言いますが

そういわれる通りあっという間に

過ぎていくように感じます



二十四節気の啓蟄を過ぎ、春の訪れを感じます

啓蟄とは土の中で冬ごもりをしていた虫が

暖かくなってきて出てくるのだそうです


虫ではありませんが

こちらも土の中から顔を出してきました



IMG_9448.jpg



出てきたのはサツマイモの芽です

伏せこんでから約3週間ほどです

まだ出たばかりで3センチほどしかありません



早いところでは今月の終わりには

植え付けが始まります



もう少し暖かくなってくると生育も早いのですが

明日から気温が冬に逆戻りするようなので

まだまだ時間がかかりそうです


この記事に対するコメント


topこの記事に対してコメントを書く
名前

名前を記憶
コメント
top
 

プロフィール

大牟禮良行(おおむれよしゆき)

黒瀬明杜氏のもとで18年間修行を積み1998年から杜氏を任される。鹿児島県焼酎鑑評会にて優等賞第一位を2回、杜氏代表賞を1回受賞。新たな芋焼酎にチャレンジする日々精進の杜氏である。

最近の日記

第55回までの日記はこちらからご覧いただけます。ブログに帰る時は上のメニューの「大牟禮杜氏のきまぐれ日記」ボタンをクリックしてください。