Blog

蔵人日記

ホーム蔵人日記 > 第33回:今年の味は、、、

第33回:今年の味は、、、

2014/09/16 15:39

 

蔵人、前ちゃんです

朝晩が涼しく過ごせるようになり

秋が深まっていくのが感じられるようになりました


蔵では麹造り、酛造り、二次仕込みときて

蒸留が始まりました


IMG_6493_0916.jpg


サツマイモを仕込んで1週間を過ぎると蒸留です

気になる新酒はというと今年も良い出来で

甘味が強く、蒸留したてとは思えないほどなめらかです

香りも新酒らしく華やかです



因みに二次醪は仕込んで2~3日目で

アルコール発酵がピークに達します

大方の糖分はここでアルコールになります

残りの日数は何の為かというと

焼酎の香気成分や旨味成分を出すための

熟成期間になります


人は20歳そこそこで成長は止まりますが

心の成長はまだまだです

そこから色々な経験をして円熟味が増していくのだと思います


僕もいい味が出せるよう精進したいと思います


この記事に対するコメント


topこの記事に対してコメントを書く
名前

名前を記憶
コメント
top
 

プロフィール

大牟禮良行(おおむれよしゆき)

黒瀬明杜氏のもとで18年間修行を積み1998年から杜氏を任される。鹿児島県焼酎鑑評会にて優等賞第一位を2回、杜氏代表賞を1回受賞。新たな芋焼酎にチャレンジする日々精進の杜氏である。

最近の日記

第55回までの日記はこちらからご覧いただけます。ブログに帰る時は上のメニューの「大牟禮杜氏のきまぐれ日記」ボタンをクリックしてください。