Blog

蔵人日記

ホーム蔵人日記 > 第3回:お湯割りの季節

第3回:お湯割りの季節

2014/01/21 13:02

 

 

 

蔵人、前ちゃんです

最近、お湯割りが美味しく感じます

きっと寒いからそう感じるんだと思います

寒いのが苦手な僕ですが、冬は嫌いではありません

 

 

昨年末に買った黒ぢょかも

お正月にダレヤメデビューしました

 

 

 

IMG_1208.jpg

 

 

 

一番最初に何を飲もうか悩みましたが

やっぱり「さつま大海」です

僕の中でのお湯割りで飲みたい焼酎ランキング第一位です

 

 

この黒ぢょかは直火で温められるのですが

いきなり直火は気が引けたので

前割りを燗している間にお湯を入れて

黒ぢょかとぐい呑みを温めておきました

そうすると温かさが長持ちしていい感じです

 

 

初めは盆と正月くらいに使おうかと思っていた黒ぢょかですが

作った沈壽官さんはきっと日頃から愛用してほしい

と思っているに違いないと考え直して

今ではもう一つの黒ぢょかと交互にダレヤメで活躍しております

 

 

慣れるまでは燗をするのがめんどくさかったりしたのですが

最近では燗をするのが習慣になってきています

ただ、飲むことになるとめんどくさい事もやる

自分の行く末が少し心配な気がします…

 


この記事に対するコメント


topこの記事に対してコメントを書く
名前

名前を記憶
コメント
top
 

プロフィール

大牟禮良行(おおむれよしゆき)

黒瀬明杜氏のもとで18年間修行を積み1998年から杜氏を任される。鹿児島県焼酎鑑評会にて優等賞第一位を2回、杜氏代表賞を1回受賞。新たな芋焼酎にチャレンジする日々精進の杜氏である。

最近の日記

第55回までの日記はこちらからご覧いただけます。ブログに帰る時は上のメニューの「大牟禮杜氏のきまぐれ日記」ボタンをクリックしてください。