Blog

蔵人日記

ホーム蔵人日記 > 第2回:最近の芋農家さんの仕事

第2回:最近の芋農家さんの仕事

2014/01/15 15:48

 

 

 

蔵人、前ちゃんです

寒い、寒いが口癖になってきてますが

芋農家さんは寒さに負けずに頑張っています

 

 

さつまいもの収穫が終わった畑は

すぐに漬物用の大根が撒かれます

そして、年が明けると大根の収穫が始まります

今、農家さんは大根の収穫で大忙しです

 

 

 

DSC_0030.jpg

 

 

 

大根のやぐら干しも始まってます

普通は収穫してそのまま出荷して

漬物に加工されるのですが

やぐらに干して寒風にさらす事で

大根の旨みが凝縮されて漬物にしても美味しくなります

 

 

寒空の下、高いやぐらのうえで

大根を干す作業はとても大変だと思います

高い所が苦手な僕にはとても務まりません

 

 

大根の収穫の後はさつまいもの伏せ込みです

今年も昨年同様、豊作になるといいですね

 

 

 

 

 


この記事に対するコメント


topこの記事に対してコメントを書く
名前

名前を記憶
コメント
top
 

プロフィール

大牟禮良行(おおむれよしゆき)

黒瀬明杜氏のもとで18年間修行を積み1998年から杜氏を任される。鹿児島県焼酎鑑評会にて優等賞第一位を2回、杜氏代表賞を1回受賞。新たな芋焼酎にチャレンジする日々精進の杜氏である。

最近の日記

第55回までの日記はこちらからご覧いただけます。ブログに帰る時は上のメニューの「大牟禮杜氏のきまぐれ日記」ボタンをクリックしてください。