Blog

蔵人日記

ホーム蔵人日記 > 第70回:産地は鹿屋

第70回:産地は鹿屋

2013/11/17 14:04

 

 

 

蔵人、前ちゃんです

先日のことです

さつまいもの事で芋農家さんに電話をしたら

「この前のバナナを収穫したから取りにおいで」

と、言われたので早速行ってきました

 

 

行ってみるとこの前まで木になっていたバナナは無く

隣りの倉庫に吊るしてありました

 

 

 

IMG_0048.jpg

 

 

 

ビニールで包んでリンゴが一緒に入れてありました

青かったバナナが黄色くなっていて

ちょっと短いですが店で売っているバナナと大差はありません

房のところにリンゴが置いてありますが

リンゴを一緒に入れると熟成が早く進むのだそうです

 

 

熟しているところを貰って

蔵でお茶の時間に頂きましたが

ちょっと酸味があるものの

味はバナナそのもので美味しかったです

 

 

バナナといえばフィリピンなどが原産国ですが

これは正真正銘、鹿屋産です

 

 

芋農家さんもこうやって収穫して食べたのは

初めてだと言っていました

今年はさつまいもだけでなく

バナナにとってもいい気候だったのかもしれません

 

 

 


この記事に対するコメント


topこの記事に対してコメントを書く
名前

名前を記憶
コメント
top
 

プロフィール

大牟禮良行(おおむれよしゆき)

黒瀬明杜氏のもとで18年間修行を積み1998年から杜氏を任される。鹿児島県焼酎鑑評会にて優等賞第一位を2回、杜氏代表賞を1回受賞。新たな芋焼酎にチャレンジする日々精進の杜氏である。

最近の日記

第55回までの日記はこちらからご覧いただけます。ブログに帰る時は上のメニューの「大牟禮杜氏のきまぐれ日記」ボタンをクリックしてください。