Blog

蔵人日記

ホーム蔵人日記 > 第66回:元気をもらった夜

第66回:元気をもらった夜

2013/10/27 13:53

 

  

 

蔵人、前ちゃんです

10月も残り数日となってきました

造りもあと約1ヶ月ほどです

約3ヶ月ほどの期間ですが

毎日が慌しく、あっという間に過ぎていくように感じます

 

 

話は少しさかのぼりますが

夜の蔵にお客様がいらっしゃいました

 

 

 

IMG_5721.jpg

 

 

 

いらっしゃったのは大阪より

毎年ご来蔵頂いている「炭火焼鳥 一徹」ご一行様と

天文館の「焼酎BAR S.A.O」ご一行様です

15時からの芋切りをしての夜の蔵訪問です

 

 

夜の仕事の合い間に少ししか

お相手できませんでしたが楽しい時間を過ごせました

ご来蔵ありがとうございました

 

 

そして、時を同じくして

杜氏が毎年造りの勉強に行っている

秋田の浅舞酒造の森谷杜氏より

陣中見舞いを頂きました

 

 

 

IMG_1810.jpg

 

 

 

頂いたのは「天の戸 シルキー」です

焼酎蔵ながら日本酒好きな蔵人に

大人気の一本です

早速、勉強のため飲ませていただきました

 

 

造りが始まった頃は元気なのですが

段々と疲れがたまってきます

でも、短い時間でも蔵で楽しく話せたり

美味しいお酒を頂いたりすると

また頑張ろうという気持ちになります

 

 

溜まった疲れを吹き飛ばす元気をもらった夜でした

 


この記事に対するコメント


topこの記事に対してコメントを書く
名前

名前を記憶
コメント
top
 

プロフィール

大牟禮良行(おおむれよしゆき)

黒瀬明杜氏のもとで18年間修行を積み1998年から杜氏を任される。鹿児島県焼酎鑑評会にて優等賞第一位を2回、杜氏代表賞を1回受賞。新たな芋焼酎にチャレンジする日々精進の杜氏である。

最近の日記

第55回までの日記はこちらからご覧いただけます。ブログに帰る時は上のメニューの「大牟禮杜氏のきまぐれ日記」ボタンをクリックしてください。