Blog

蔵人日記

ホーム蔵人日記 > 第23回:宝納酒会

第23回:宝納酒会

2010/03/02 10:24

 

  

 

先週末鹿児島市内であった

宝納酒店の焼酎の会に参加して来ました

参加蔵元は24蔵

お客さんは120名

16時からお客様の唎き酒が行われて

18時30分より大懇親会の始まり始まり

 

.

100227_211301.jpg

 

ヨッパライが写したのでボケボケでした

.

蔵元同士はいつもの見知った人ばかりで

同窓会モードです

 

お客様もあれも飲んでこれも飲んでと

テーブルの焼酎がドンドン少なくなって行きます

 

いつもの事ですが

お開きの時間になっても皆さん席を立つ人はいません

 

2次会に行きますよぉ~の声で

やっと会は〆ました

.

私は小腹が空いたのでちょっこっと寄り道して

↓↓

.

100227_220253.jpg

 

「のり一ラーメン」で元気を付けて2次会に参加でした

あっさりなので2杯くらいは大丈夫です

 

 


この記事に対するコメント

1. 名前:くじら - 2010/03/23 13:50

秘剣様
宝納さんの会ではゆっくりお話が出来なくて残念でした
又、この度は銀座ギャラリーにて個展の開催おめでとうございます。浅舞さんとの交流はかれこれ9年になりました。
こんなに長く交流が続くとは夢にも思っていませんでしたが酒が焼酎がじゃなくて人と人の繋がりが今回の「米」に発展したのではつくづく思っています。何もかもがあの上野であった「北と南の杜氏を囲む会」から始まったような気がします。有りがたい事です

2. 名前:秘剣 - 2010/03/22 18:48

このニュース、遅まきながら嬉しい知らせです。
浅舞さんとの縁は長くなりましたね。
造りの場の文化交流、もう10年近く前にくじらさんからご案内いただいて北と南の国の杜氏さんがあう場に参加させていただいたのが、ほんの少し前のような気がいたします。

3. 名前:くじら - 2010/03/08 13:25

見習い魔女様
浅舞酒造とのご縁がこのような形で実を結んでしまいました
嬉しい限りです
ほんとうに自分でもビックリしているような状況です
12日は市内で13日は横手に行き蔵の人達に会うのがとても楽しみなのです。そして又、元気を貰って鹿児島に帰るのです

4. 名前:見習い魔女 - 2010/03/07 09:06

おはようございます。
なんだかボケた写真が一層、楽しかった状況を想像させますよ。楽しそうですね。行ってみたいです。
さて、以下の記事が今日の秋田県の地方紙魁新聞のHPに載ってました。長文ですが、天の戸ファンでもあるので、うれしくてお知らせします。
米で広がるうれしいつながり、これからもよろしくお願いします。
「鹿児島県の蔵元に出荷へ 県産こまち
 本県産のあきたこまちが鹿児島県の芋焼酎の蔵元2社で、麹(こうじ)用米として使われることが決まった。蔵元と県内の3JA関係者による協力協定の調印式が12日、県庁で行われる。
 また、大海酒造はJA秋田おばこ(大仙市)とJA秋田ふるさと(横手市)から仕入れる。
同社は種麹菌を秋田今野商店(大仙市)から購入。杜氏(とうじ)が9年前から浅舞酒造(横手市)で日本酒の仕込みを学んでいるなど本県とのつながりが深い。この杜氏の希望もあって本県産米の購入が決まった。」

では、秋田県が鹿児島県の“芋:黄金千貫”を買います!!(≧▼≦)ゞなんてね。


topこの記事に対してコメントを書く
名前

名前を記憶
コメント
top
 

プロフィール

大牟禮良行(おおむれよしゆき)

黒瀬明杜氏のもとで18年間修行を積み1998年から杜氏を任される。鹿児島県焼酎鑑評会にて優等賞第一位を2回、杜氏代表賞を1回受賞。新たな芋焼酎にチャレンジする日々精進の杜氏である。

最近の日記

最近の読者のコメント

第55回までの日記はこちらからご覧いただけます。ブログに帰る時は上のメニューの「大牟禮杜氏のきまぐれ日記」ボタンをクリックしてください。