Blog

蔵人日記

ホーム蔵人日記 > 第19回:寿鶴に行って来ました

第19回:寿鶴に行って来ました

2010/02/18 12:50

 

       

 

大海酒造の一部の焼酎の割り水に使われている水は

垂水市にある温泉水寿鶴(じゅかく)です

 

今日は蔵人が水汲みに行くと言うので

付いて行きました

 

 

P1040006.JPG

 

敷地内には水神様がデンと奉られていました

敷地内をカメラを持ってウロウロしていると

偉い人に見つかり

「どこかしこ写したらダメですよ」と注意されガックリ

でも後から優しく教えて下さいました

 

P1040007.JPG

源泉垂れ流し

 

地下797mから汲み上げている温泉水は

地上に上がって来たときには約49度の温度になっているそうです

そして天然ビフォアクロレラを含んでいると聞きました

 

「ビフォアクロレラとは今から35億年前地球上に耐久性の

酸素を作り上げ地球上の生命を育む生物を誕生させた基礎だと言われています」

垂水温泉鶴田より抜粋

 

 

 

 

 

 


この記事に対するコメント


topこの記事に対してコメントを書く
名前

名前を記憶
コメント
top
 

プロフィール

大牟禮良行(おおむれよしゆき)

黒瀬明杜氏のもとで18年間修行を積み1998年から杜氏を任される。鹿児島県焼酎鑑評会にて優等賞第一位を2回、杜氏代表賞を1回受賞。新たな芋焼酎にチャレンジする日々精進の杜氏である。

最近の日記

第55回までの日記はこちらからご覧いただけます。ブログに帰る時は上のメニューの「大牟禮杜氏のきまぐれ日記」ボタンをクリックしてください。