Blog

蔵人日記

ホーム蔵人日記 > 第8回:蔵人前ちゃんです

第8回:蔵人前ちゃんです

2010/01/25 12:51

 

   

 

先日、僕の住んでいる地域で

鬼火焚き(おにびたき)がありました。

鬼火たきは、孟宗竹でやぐらを組み、

正月に飾った門松やしめ飾りを燃やし、

邪気を払い、その年の無病息災を祈る行事です。

当日は、桜島が爆発し、灰が降る生憎の天候でしたが、

やぐらを組んだ田んぼには、

たくさんの人たちが集まっていました。

 

 

P1230001.JPG

 

 

 

神主さんによるお払いが終わったら

いよいよ点火です。

今年の年男、年女の方たちが点火します。

やぐらに点火された火は、あっという間に燃え上がり、

辺り一面、熱気に包まれました。

 

 

P1230015.JPG

 

 

 

暗闇の中、燃え上がる炎は幻想的で、

とても綺麗でした。

風がつめたい会場では、

焼酎やぜんざいなどが振舞われ、

たくさんの人でにぎわっていました。

 

鬼火焚きを間近に見る事ができ、

とても貴重な一日でした。

 


この記事に対するコメント


topこの記事に対してコメントを書く
名前

名前を記憶
コメント
top
 

プロフィール

大牟禮良行(おおむれよしゆき)

黒瀬明杜氏のもとで18年間修行を積み1998年から杜氏を任される。鹿児島県焼酎鑑評会にて優等賞第一位を2回、杜氏代表賞を1回受賞。新たな芋焼酎にチャレンジする日々精進の杜氏である。

最近の日記

第55回までの日記はこちらからご覧いただけます。ブログに帰る時は上のメニューの「大牟禮杜氏のきまぐれ日記」ボタンをクリックしてください。