Blog

蔵人日記

ホーム蔵人日記 > 第315回:色々な芋仕込

第315回:色々な芋仕込

2009/10/07 09:23

 

    

 

造りも中盤に差し掛かりました

まず最初に仕込んだのが紅乙女

 

 

P1030808.JPG

 

醪日数5日目

 

次がジョイホワイト

 

P1030806.JPG

 

醪日数3日目

 

そして恒例になりました綾紫

 

P1030809.JPG

醪日数2日目

 

それぞれ醪日数は違いますが

芋の特徴は出ていると思います

 


この記事に対するコメント

1. 名前:くじら - 2009/10/08 20:12

友加ちゃん
すっかりご無沙汰でした。いよいよ就活が始まりましたね
大海焼酎を飲んで下さる先輩にも宜しくお伝え下さいね。
大海焼酎は「敏坊達が渾身入れて造っていますから」

2. 名前:友加 - 2009/10/08 12:12

お久しぶりです。
3段階実習中のデイサービスのリーダーが
さつま大海の焼酎を飲んだことがあると言っていました。
飲みやすくて、1番好きだけれど
福岡ではプレミアがついて高値だと言っていました。

大海の焼酎がすきと言われて
なぜか私がとてもうれしかったです(笑)


topこの記事に対してコメントを書く
名前

名前を記憶
コメント
top
 

プロフィール

大牟禮良行(おおむれよしゆき)

黒瀬明杜氏のもとで18年間修行を積み1998年から杜氏を任される。鹿児島県焼酎鑑評会にて優等賞第一位を2回、杜氏代表賞を1回受賞。新たな芋焼酎にチャレンジする日々精進の杜氏である。

最近の日記

最近の読者のコメント

第55回までの日記はこちらからご覧いただけます。ブログに帰る時は上のメニューの「大牟禮杜氏のきまぐれ日記」ボタンをクリックしてください。