Blog

蔵人日記

ホーム蔵人日記 > 第265回:芋農家研修旅行

第265回:芋農家研修旅行

2009/03/09 09:04

 

             

 

先週の土、日にかけて1泊2日で

芋農家さんと研修旅行に行って来ました

本来なら14名全員の参加者の予定でしたが

今月に入り天気が芳しくなく終わっているはずの

「高菜」の収穫が遅れ、又風邪が流行し最終的には

7名の参加になりました

 

 

 

kakou.JPG

桜島を見ながら

足湯に入りました

 

asiyu.JPG                                          

 

 

昭和火口は今日も噴煙を上げていました

 

 

 

 

 

足湯にたっぷり入った後は霧島市に向いました

最初の訪問蔵は

芋麹芋で有名な国分酒造協業組合

国分酒造の安田杜氏はアイデア満載のパワフル杜氏です

 

 kokubu.JPG国分酒造安田杜氏(右側) 

 

安田杜氏にタップリ焼酎造りのこだわりを聞いた後は

霧島神宮に行きました

 

jingu.JPG

   

神宮では今年の芋の収穫が豊作でありますように

祈願して参りました

 

そして次に訪問した蔵は万膳酒造

手造りにこだわり原料の芋、米にこだわり

妥協しない蔵です

 

manzen.JPG

 

手造り蔵を堪能した後は宿泊地の国分市内へ

夜は特別ゲストの万膳社長を交えて夜が更けるまで交流会が続きました

 

翌日は天気が今一良くありませんでしたが

向った先は志布志市にある若潮酒造株式会社

 

wakasio.JPG

若潮酒造千刻蔵前にて

 wakasio2.JPG   

千刻蔵内蒸留器    

若潮酒造では蔵の下平さんが忙しい中丁寧に案内して下さり

有り難うございました

今回は3蔵の見学をさせて頂きました

誠に忙しい中、案内をして頂きました蔵の方々には

この場を借りて御礼を申し上げます

 

                                                                                        


この記事に対するコメント


topこの記事に対してコメントを書く
名前

名前を記憶
コメント
top
 

プロフィール

大牟禮良行(おおむれよしゆき)

黒瀬明杜氏のもとで18年間修行を積み1998年から杜氏を任される。鹿児島県焼酎鑑評会にて優等賞第一位を2回、杜氏代表賞を1回受賞。新たな芋焼酎にチャレンジする日々精進の杜氏である。

最近の日記

第55回までの日記はこちらからご覧いただけます。ブログに帰る時は上のメニューの「大牟禮杜氏のきまぐれ日記」ボタンをクリックしてください。