Blog

蔵人日記

ホーム蔵人日記 > 第252回:赤土

第252回:赤土

2009/01/17 13:25

 

 

 

芋の収穫が終わった畑はトラクターで耕運します

上と下の土を入れ替える事で

土が活性化します

 

akatuti.JPG

 

 

この畑の土は赤土で黒土に比べると

水はけがとても良いです

芋を収穫するとき黒土は芋に土がこびり付きますが

赤土は大して付かないので仕事がやりやすいです

 

赤土の畑で出来た芋を使って焼酎を造るとスッキリした味わいになるような気がします

逆に黒土の畑で出来た芋で焼酎を造ると香りが高く濃くのある焼酎になるような気がします

 

 

 

 


この記事に対するコメント


topこの記事に対してコメントを書く
名前

名前を記憶
コメント
top
 

プロフィール

大牟禮良行(おおむれよしゆき)

黒瀬明杜氏のもとで18年間修行を積み1998年から杜氏を任される。鹿児島県焼酎鑑評会にて優等賞第一位を2回、杜氏代表賞を1回受賞。新たな芋焼酎にチャレンジする日々精進の杜氏である。

最近の日記

第55回までの日記はこちらからご覧いただけます。ブログに帰る時は上のメニューの「大牟禮杜氏のきまぐれ日記」ボタンをクリックしてください。