Blog

蔵人日記

ホーム蔵人日記 > 第246回:風邪っぴき

第246回:風邪っぴき

2008/12/27 13:13

 

 

 

無菌状態の蔵から雑菌だらけの都会へ

「あの人」に連れられて

旅してきました

 

東京に着いた時から鼻水が出てきて

テッシュが手放せなくなり

鼻を噛むたび真っ赤になりガサガサになり

とうとう粘膜が切れて鼻血が出る始末

 

やっとの思いで鹿屋に帰り着きました

私に比べて「あの人」の元気さにはホトホト感心します

1日に置いて又東京に帰って?行きました

疲れ知らずの怪物です

 

 

kaimon.JPG

 

正面に小さく見えるのは薩摩半島の開聞岳です

 

田舎に育った私はやはり田舎が大好きです

鹿屋に帰りついたら風邪も治って人間らしい生活を送っています


この記事に対するコメント


topこの記事に対してコメントを書く
名前

名前を記憶
コメント
top
 

プロフィール

大牟禮良行(おおむれよしゆき)

黒瀬明杜氏のもとで18年間修行を積み1998年から杜氏を任される。鹿児島県焼酎鑑評会にて優等賞第一位を2回、杜氏代表賞を1回受賞。新たな芋焼酎にチャレンジする日々精進の杜氏である。

最近の日記

第55回までの日記はこちらからご覧いただけます。ブログに帰る時は上のメニューの「大牟禮杜氏のきまぐれ日記」ボタンをクリックしてください。