Blog

蔵人日記

ホーム蔵人日記 > 第239回:最後の夜

第239回:最後の夜

2008/11/24 19:07

 

       

 

8月20日から造りが始まった

P1030019.JPG真夏日が続く8月下旬・・・・

 

大気が不安定で日照不足が心配された9月・・・

事故米報道とへなちょこ台風が来てアタフタした10月・・・

ちょっぴり秋の訪れが早いような11月・・・

 

気がつけば蔵明けの日がもうそこに・・・

 

始まった頃はわき目も降らず目の前の事一生懸命やっていた

そして一日が「アッ」と言う間に終わっていた

しかし

11月15日を過ぎるて終わりが見えて来ると一日が過ぎるのが長い・・・

人間??いや私は終わりが見えて来るとそっちの方に心が動いてしまう

まだまだ修行が足らない

ゴールが見えてからこそ気持ちを新たにして頑張らなくてはいけないのに・・・。

来年への宿題が出来ました

 

kya.JPG

 

キャベジンと栄養剤とエアーサロンパス

サロンシップと電気あんま今年もたくさんお世話になりました

明日は約100日ぶりに家に帰ります

アッ「あの人の足あと」が聞こえてきた

散れ・・・・(笑)

 

P1030191.JPGP1030189.JPG

 


この記事に対するコメント

1. 名前:くじら - 2008/11/26 11:46

ごんべー様
有り難うございます。蔵の生活が長すぎて一日、二日位じゃ家に帰った実感が湧きません。取り合えずゆっくりさせて貰おうと思います。そちらも頑張って下さい。新酒が出るのを楽しみにしています

2. 名前:ごんべー - 2008/11/25 23:09

お疲れ様でした。奥様の膝枕で疲れを癒してくださいね。我々はこれからが勝負です。


topこの記事に対してコメントを書く
名前

名前を記憶
コメント
top
 

プロフィール

大牟禮良行(おおむれよしゆき)

黒瀬明杜氏のもとで18年間修行を積み1998年から杜氏を任される。鹿児島県焼酎鑑評会にて優等賞第一位を2回、杜氏代表賞を1回受賞。新たな芋焼酎にチャレンジする日々精進の杜氏である。

最近の日記

最近の読者のコメント

第55回までの日記はこちらからご覧いただけます。ブログに帰る時は上のメニューの「大牟禮杜氏のきまぐれ日記」ボタンをクリックしてください。