Blog

蔵人日記

ホーム蔵人日記 > 第235回:芋例会

第235回:芋例会

2008/09/27 09:21

 

   

 

造りが始まって1ヶ月が過ぎました昨夜

芋例会と言う名の飲み会を市内某所でやりました

今年は造りが始まると

何故か天気が思わしくなくてこの1ヶ月間は芋の入荷は自転車操業状態でした

しかし

皆さんの協力のおかげで何とか乗り越えて来ました

 

 

 

kao.JPG

                                  

皆さんに新焼酎を飲んで貰い

明日から頑張って下さるようにお願いしました

 

aki.JPG

 

間もなく10月

今日は天気も良くて秋風が気持ちが良いです


この記事に対するコメント

1. 名前:ヒロ - 2008/10/04 06:56

先日、生協で購入した「薩摩の海」を飲みました。
とても美味しくて、思わずこのブログまで来てしまいました。(笑)
毎日飲む物なので、さほど高級なお酒は手が出ませんが、芋焼酎は本当に蔵元も銘柄も多く、なかなか自分の下に合うモノに出会えないものです。
そんな時、久しぶりに味わった驚きでした。
かつて、妻の実家から「粒露」なる焼酎の或る商品を戴きまして、それ以来の感動だと思います。
ここ京都では伏見に代表される清酒が有名ですが、和洋を問わず季節に合わせて様々なお酒を楽しむのが今風ですよね。
薩摩の郷土料理、伝統の祭り…
そんな話題も含めて、今後も楽しいブログを更新ください。楽しみにしています。


topこの記事に対してコメントを書く
名前

名前を記憶
コメント
top
 

プロフィール

大牟禮良行(おおむれよしゆき)

黒瀬明杜氏のもとで18年間修行を積み1998年から杜氏を任される。鹿児島県焼酎鑑評会にて優等賞第一位を2回、杜氏代表賞を1回受賞。新たな芋焼酎にチャレンジする日々精進の杜氏である。

最近の日記

最近の読者のコメント

第55回までの日記はこちらからご覧いただけます。ブログに帰る時は上のメニューの「大牟禮杜氏のきまぐれ日記」ボタンをクリックしてください。