Blog

蔵人日記

ホーム蔵人日記 > 第205回:木の芽流し

第205回:木の芽流し

2008/04/18 08:41

.      

       木々の新芽が出る頃、雨が降りますが

        鹿児島ではこの時期雨が降る事を

         「木の芽流し」と言うそうです

.

.

.

   この時期雨が降らないと田植えも出来ないし

         芋苗も植え付けても活着しないので

          農作物には大事な雨なのです

.

     これから、どんどん暖かくなって

           夏に突入する事だと思います

   

          

      


この記事に対するコメント

1. 名前:クジラ - 2008/04/23 15:19

友加ちゃん・・・
敏坊の首、かなり長くなりましたよ"^_^"
友加ちゃんが又、福岡に帰ったら首が元通りになるかな?(笑)

2. 名前:友加 - 2008/04/22 15:59

お父さんの首長くなってます?(笑)
鹿児島に帰るまであと4日♪
お父さんが空港まで迎えに来てくれるそうで(^_^)すごく楽しみです。
一応勉強頑張っていますが、高校と違って進みが速いです(^_^;


topこの記事に対してコメントを書く
名前

名前を記憶
コメント
top
 

プロフィール

大牟禮良行(おおむれよしゆき)

黒瀬明杜氏のもとで18年間修行を積み1998年から杜氏を任される。鹿児島県焼酎鑑評会にて優等賞第一位を2回、杜氏代表賞を1回受賞。新たな芋焼酎にチャレンジする日々精進の杜氏である。

最近の日記

最近の読者のコメント

第55回までの日記はこちらからご覧いただけます。ブログに帰る時は上のメニューの「大牟禮杜氏のきまぐれ日記」ボタンをクリックしてください。