Blog

蔵人日記

ホーム蔵人日記 > 第188回:油すくい取り

第188回:油すくい取り

2008/01/07 16:12

.

          正月にたっぷり休んだ蔵人は

    今日から去年造った焼酎の油(フーゼル油)取りを

               始めました

.

.

  白く濁ったのが油

.

       蔵の中の温度が下がるとタンクの中の油が

               白く固まって来ます

.

.

柄杓で油をすくい取ります

.

.

.

       油のすくい取りは2月中旬まで繰り返し繰り返し

              何回も行われます

.

         機械じゃなくて人の手で小まめに

            すくいとっていく事が

           旨くなる秘訣かもしれません

.

.

   ※ フーゼル油・・・

        タンパク質の分解物であるアミノ酸から生まれる

   酒類の香味を引き立たせる成分で特に蒸留酒には重要な成分である


この記事に対するコメント

1. 名前:M.imamura - 2008/01/10 23:18

H・19年末に 友人にさつま大海を頂きお正月に
試飲しましたところ 芳醇さに感動しました 元々
私は 芋焼酎は苦手でしたが これは別格だなと感心しました。

2. 名前:クジラ - 2008/01/10 16:32

吉田様・・・いつもコメントを頂き誠に有り難うございます。油取りは結構根気のいる仕事で男連中は長続きしません"^_^"・・・が女性の連中は根気強く頑張って取ってくれます。
掬い取った油は何の使い道もありませんので捨てます。

3. 名前:長崎県江迎町の吉田酒店です - 2008/01/10 15:19

手間隙ををかけて、大事に育て上げられていって、皆様のお喜びの笑顔がこぼれだすのですね。

 すくい取られたフーゼル油はどの様に成るのですか?
 何かに利用されるのでしょか?


topこの記事に対してコメントを書く
名前

名前を記憶
コメント
top
 

プロフィール

大牟禮良行(おおむれよしゆき)

黒瀬明杜氏のもとで18年間修行を積み1998年から杜氏を任される。鹿児島県焼酎鑑評会にて優等賞第一位を2回、杜氏代表賞を1回受賞。新たな芋焼酎にチャレンジする日々精進の杜氏である。

最近の日記

最近の読者のコメント

第55回までの日記はこちらからご覧いただけます。ブログに帰る時は上のメニューの「大牟禮杜氏のきまぐれ日記」ボタンをクリックしてください。